水守 亀之助 1886-1958ミズモリ カメノスケ

カテゴリ: 小説、物語, 評論、エッセイ、随筆
1920年〜1949年発行の書籍があります
水守 亀之助(みずもり かめのすけ、1886年6月22日 - 1958年12月15日)は兵庫県出身の小説家。 相生生まれ。大阪の医専を中退して1906年に上京し、1907年には田山花袋に入門。1914年、徳田秋声の紹介で中央公論社に入るも1日で退職。1919年、中村武羅夫の紹介で新潮社に入社。『新潮』編集部に入る。編集者生活の傍ら、自然主義の影響下に『末路』『帰れる父』などを発表。中村武羅夫や加藤武雄と共に新潮三羽烏と称された。 1945年5月、東京大空襲で罹災し、妻を喪うと共に自身も顔面に大火傷を負い、自宅を失う。餓死の噂を立てられたこともあるが、1953年、朝日新聞社から随筆『わが文壇紀行』を刊行。
関連カテゴリ
田山 花袋 1871-1930

田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日〈明治4年12月13日〉 - 1930年〈昭和5年〉5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。

田山花袋の古書
徳田 秋声 1871-1943

徳田 秋声(德田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。本名は末雄(すえお)。尾崎紅葉門下。

徳田秋声の古書
加藤 武雄 1888-1956

加藤 武雄(かとう たけお、1888年5月3日 - 1956年9月1日)は、小説家。号は冬海。

加藤武雄の古書
朝日新聞社

株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、{lang-en:The Asahi Shimbun Company})は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社である。新聞以外に雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行う。

朝日新聞社の古書